北アルプスの主峰(雄山頂上 海抜3,000m) 立山山頂ライブカメラ からの画像です。
JR9VQライブカメラ
雄山頂上より劔岳方向を見た刻々と変化するライブ画像です。厳冬の立山雄山頂上(3,000m)からの素晴らしいパノラマをご堪能ください。
これまでの画像はこちら





live camera picture




写真は2018年11月15日 17:20頃の頂上の様子です

立山は既に閉山中です。(トイレも使えません。環境保護のため必ず携帯トイレのご使用をお願いします。)今シーズンの登拝ありがとうございました。来シーズン(7/1〜)もお待ちしております。
厳冬に入り、もう山小屋も終了していますので避難場所もない無人の危険な死の世界です。登山道は長期間吹雪いた雪がゆるんでは凍り非常に危険な状態です。
昨夜から気温は-8℃前後で今朝(15日)3:30には−9.3℃を記録しています。ゆるんだ積雪が凍っております。今日午前中も氷点下のままで12:30ようやく0℃まで上がりましたが非常に危険です。天気は回復しましたが弱い冬型の気圧配置のままですので今日も天気の急変があるかも知れません。余程しっかりした冬山への覚悟と準備がないと、もう絶対に登ってはいけません。10月になれば室堂から上はもう完全に無人の危険な冬山です。吹雪など激しい気象となることは常識で危険です。バスの運行は11月末までだからと、まだ軽装で登っておられる方を見かけますが、毎年この時期に簡単な気持ちで登って遭難なさる方があります。1行程が時間単位に対して、天気は秒単位で突然変わります。雷は一瞬で人命を奪います。くれぐれも自粛下さい。

なお、10/7にカメラの角度が変わってしまいました。たいへん申し訳ありませんが、次回のメンテナンスまでこの状態になりますのでご了承下さい。南側カメラ(登山道方向)は不定期更新中です。
データーが遅れて到着した場合は、本画像にないものがこれまでの画像に追加されることがあります。
これまでの画像もお楽しみ下さい。


当サイトはリンクフリーです。
(株)ヤマテン様より貴重な資材を
   ご提供いただきました


このカメラにつきまして
各方面より 雄山頂上のライブカメラへのご支援をいただき感謝申し上げております。ご要望にお応えすべく改善を続けてまいりますので引き続きのご声援をよろしくお願いします。
立山山頂ライブカメラは「3,000m頂上で常時運用のカメラ」としては初と思われます。頂上から見渡す映像には、地上から見るのとは比べものにならないほどたくさんの情報量があります。劔岳に至る稜線が一望できます。その先には富山湾、良い日は能登半島が望めることがあります。雄山神社様の暖かいご承諾をいただきJR9VQ管理団体が設置させていただきました。2015〜6年冬そして、2016〜7年の二冬目も無事過ごすことができ、2017〜8年の3回目の越冬も途中まででしたが終わりました。このたび4回目の2018〜9年冬を迎えます。容易に行けない北アルプスの雄大なパノラマをご堪能いただけているかと存じます。

 現在、毎時00分、20分、40分の画像を最短で2〜5分以内に更新を行っていますが、必ず更新することを保証するものではありません。場所が場所だけに非常に厳しい自然条件下であり、電源や電波状況にも乏しく常時のメンテナンスが不可能です。可能な限りは運用を継続しますが更新できない、さらには維持継続が困難になる場合があり得ますのでご了承下さい。JR9VQのアンテナは冬装備のままで、夏季も対応できませんでした。このまま冬に入ります。

この画像は、立山黒部アルペンルート様のページにもご提供しております。そちらでは近隣のカメラもご覧いただけます。

戻る   Top page